VOX Pathfinder Bass 10 ベースアンプはコスパ最強!?小型10w自宅練習用アンプ!

VOX Pathfinder Bass 10w ベースアンプ
楽器、機材
ギターアンプにも見えますが、、ベースアンプなんです! 同じようなデザインでギターアンプも発売されてますね~

ベースをしている方でコンパクトなアンプを探している方は必見ですよ!!

エレキ楽器の練習にはアンプが必要ですよね!

アンプを通さずに弾くことはもちろん可能なんですが、、、やっぱりアンプを通して弾いてみないとピッキングの強さや指で弾く時のアタックなど自分の音を確認できません。

普段からアンプに繋いで練習せずに、いざスタジオのアンプに繋いで弾いてみた時に、思わぬ雑音、音量がバラバラになるなどのトラブルに見舞われたりしてしまうかもしれません、、、、

エレキ楽器の演奏者にとって、アンプからの出音を意識して練習すること(音量のコントロールやキレイな出音)はかなり重要なポイントですよね!!

でも、アンプ置くのも場所を取るし、重いし、もし引っ越しすることになれば移動、持ち運びするのも大変です、、、

このベースアンプを手に入れればそんな心配はご無用です!

部屋においてもコンパクトで収まりがいいし、とても軽いので持ち運びもラクラクです。

さらに、、、低価格でもそれなりに本格的な音がでます!!

そんな「VOX Pathfinder Bass 10 ベースアンプ」のご紹介です!!

僕は、香川県内のハードオフにて新古品!?らしき商品を5000円台で購入したのですが、このアンプ、、、自宅での練習時にはこれで十分だと思える性能です!!

そんな低価格で宅練用には十分なアンプが5000円~6000円前後で買えるのでこれはもう驚きですよww!!

クラシカルなルックスと基本性能の高さでギターアンプの定番となったVOX PATHFINDER(パスファインダー)シリーズのベースアンプモデル!

VOX Pathfinder Bass 10 ベースアンプとはどんなアンプなの!?

ツマミ類は本体上部にあります。 撮影用にシールドを差したのですが間違えてPHONEにつっこんでいますww  
実際は左側のinputにシールドを差し込みますよ~

VOX伝統のルックス、サウンドを継承

その全てがトレード・マークと言えるVOXアンプのオリジナリティ溢れるルックスをパーフェクトに踏襲。“バスケット・ウィーブ・ビニール・レザー”や“VOXダイヤモンド・グリル・クロス”、“チキン・ヘッド・ノブ”等、従来のVOXアンプと同等のパーツを使用。“ゴールド・ビーディング”やネットの周りに施された“ホワイト・パイプ”など細かなディテールも忠実に再現しています。

10Wとコンパクトながら、パワフルなサウンドを出力

10Wながら自宅練習はもちろん、レコーディング、ライブ・スペースでも十分耐えうる出力を確保。独特の存在感を醸し出すVOXアンプのルックスとサウンドは、あらゆるシチュエーションで異彩を放つことは必至。

クリーン/オーバードライブ・スイッチを搭載

瞬時に切替可能なクリーン/オーバードライブ・スイッチを装備。現代的で美しいクリーン・サウンドからVOX特有のウォームなヴィンテージ・サウンド、ハードロックに相応しいハイゲイン・サウンドまで幅広く対応。

夜間練習や宅禄に便利なヘッドフォン/ライン・アウトを装備

Pathfinder10には、ヘッドフォン/ライン・アウトを装備。大音量を出せない夜間練習に便利。レコーディングに最適なフィルターを装備したライン出力も兼ねていますので、デモテープ制作にも威力を発揮します

  • 出力:10W RMS
  • スピーカー:VOX Bulldog 6.5″ x 1(8Ω)
  • 入出力端子:ベース・インプット、ヘッドホン・アウト
  • コントロール:ゲイン、トレブル、ベース、ボリューム、クリーン/オーバードライブ・スイッチ
  • サイズ:380(W)×260(H)×170(D)mm
  • 質量:4.8Kg

【VOX Pathfinder10を弾いたレビュー】

伝統的なVOXブランドから発売しているPathfinder10を試奏してみました。小型ながらかなりの好印象でサウンド、ルックスともにたまらない存在感です。個人的にも1台所有していて、パッと思い立った時に弾けるアンプという事でかなり重宝しています。本気のプレイでも行けますし、ベッドの脇に置いておき気軽に弾けるベッドアンプとしても十分なクオリティだと思います。

それでは、そのスペックを確認してみましょう。アンプ自体は10wなので小型アンプとしては丁度良いパワー感があります。ただ、フルアップで鳴らそうとすると、かなりの音圧と押し出し感があるので一般的な住宅事情では十分な出力でしょう。ヴォリュームも5~8くらいが心地よく、このくらい余裕がある感じがベストです。スピーカーは6.5インチ×1発のVOX Bulldogスピーカーが搭載されていて、レンジも広くボトムがしっかりしているので良く調整されていると思いました。コントロールはゲインミマミ、トレブルツマミ、ベースツマミ、ヴォリュームツマミ、そしてクリーンとオーバードライブの切り替えスイッチがあります。ミッドツマミが無いのは本家VOX AC-30と同様で、アンプ自体に中域を押し出す特徴があるのでそこは触らずに、高域と低域の調整でバランスを取るような設計になっています。これならアンプの音抜けや張り出し感を損なわずに好みのサウンドの設定ができるので、中々美味しいポイントと言えるでしょう。そして、ヘッドホン/ラインアウト端子もあるので、ここからライン録音ができるようにもなっています。全体の重量は4.8kgで、ひょいと持ち運べるのもありがたいです。ハンドルにVOXの刻印が入っていて、かなりしっかりしているのも持ちやすさに繋がっていると言えます。

さて、その気になるサウンドですが、中低域にキャラクターがあるアンプで、音の輪郭や太さがしっかり感じられます。小型アンプ特有の音の細さはなく、クリーンでも十分な厚みと太さがあるのでエフェクターを繋がない、アンプ直結で十分楽しめます。むしろ直結の方が良いくらいに感じられるので練習時のニュアンスの出しかたや、ピッキングの反応などチューブアンプに迫るポテンシャルだと感じます。クリーン設定でゲインを1時くらいまで上げてみるとその反応の良さに驚くと思います。次にオーバードライブ・チャンネルはかなりハードに歪ませる事ができ、ハードロックも十分弾けてしまうのがかなりご機嫌です。個人的にはゲインを11時くらいに押さえておき、クランチの状態で弾くブルースも非常に好みです。

全体的なルックスは伝統的なAC-30をそのまま凝縮したような作りになっていて、家の中でもインテリアの一部としてカッコいいと思います。アンプのレザー部分や(黒い所)、フロントのダイヤモンド・グリル・クロスもそのままで、更にホワイト・パイプまで同じ作りという、ディティールも忠実に再現しているのでVOXマニアにとってもたまらない所でしょう。

ダイヤモンド・グリル・クロス、バスケット・ウィーブ・ビニール・レザー、チキン・ヘッド・ノブといったVOXのアイデンティティともいえる数々のパーツ類をパーフェクトに踏襲。
サウンド面においても、10W出力とコンパクトながら、5インチ・スピーカーを2個マウントし、迫力あるベース・サウンドを鳴らすことが可能です。また、2種類のベース・サウンドを切り替えることができるブライト・スイッチも装備。指弾きからチョッパーまであらゆる奏法に対応することが可能です。
さらにドライブ・ノブを12時方向より左でナチュラルなベース・トーン、12時方向より右に回すことで、プリ・チューブ・サウンドを彷彿とさせるモダンなドライブ・サウンドを加えることが可能です。
もちろんヘッドホン・アウトを搭載していますので、夜間時なども気兼ねなく練習することができます。

自宅で使用するのにはもってこいのサイズで音量も充分です。ギターのアンプも以前から持っていたので品質面でも信用できると判断しました。デザインも可愛いしコスパは最高。

(ギタリスト:野村 大輔)

Amazonレビューを引用させてもらいました!!

この値段でこの音質と音量が出れば家で使うには本当に十分だと思います。

コンパクトながらもラウドなサウンド。



古き良きVOXのデザインもかっこいいし、インテリア感覚に置いておいても視覚的にも邪魔にはなりません。

持ち運びも楽なので、部屋を移動しての練習も出来ますねww


ぴろは、低価格帯のベースアンプの中では最強のコスパを誇っていると考えています!!

ベーシストが自宅練習する時に気軽に手に取れるグッドデザインなアンプ!!

これは買って損はないですよ!!